事業内容

●団体の名称:東京都町田食品衛生協会
●設立年月日:昭和32年3月11日
●管轄:町田市
●会員数:464名
●歴代会長: 初 代 三沢 四郎 (昭和32年3月就任)
       第2代 渡辺 貢  (昭和55年7月就任)
       第3代 中村 良晴 (平成 2年 5月就任)
       第4代 高梨 利一 (平成14年5月就任)
       第5代 山本 登  (平成18年5月就任)
       第6代 佐藤 誠一郎(平成26年5月就任)
       第7代 杉浦 信男 (平成30年7月就任)

 

役員名簿(PDF)

協会組織図(PDF)

 

●加入組合
 麺類組合・菓子組合・魚商組合・食肉組合・鮨商組合・

 豆腐組合・酒販組合・飲食業組合・社交飲食業組合


●加入地区
・町田第一地区

・町田第二地区
・鶴川地区
・忠生地区
・南地区
・堺地区

 

 

 

 


機関紙「東京の食品界」
による町田食協の紹介

会長就任に際して ~ 行動する食品衛生協会をめざして ~
平成30年度定期総会に於いて、会長の重責を担うことになりました杉浦信男でございます。何分にも浅学非才の身ではございますが専心努力の上、負託に応えたく念じる次第であります。どうぞ、会員及び役員の皆様、宜しくお願い申し上げます。
また、指導官庁の町田市保健所並びに上部機関の一般社団法人東京都食品衛生協会立川総合事務所には高度な立場から格別のご指導ご協力を改めてお願い申し上げます。
さて、平成29年度は当協会の創立六十周年の節目にあたり、二つの記念事業を実施致しました。
その一つは、広く市民を対象とした公開事業でありました。現役の医師である異色の落語家立川らく朝氏を招聘し健康トークと健康落語の二席を開き大好評を博することが出来ました。
もう一つは、会員を対象とする記念事業として六十周年のロゴを入れた「会員証」の作成配布でありました。事業所・店舗に掲げ多くのお客様の目に留まることを念じて止みません。
本事業年度はこれらを礎にスタートを期すことになりますが、端的に次の三本の柱を重点に会務執行を図る次第であります。
第一に会員増強の力強い推進であります。食品関連業者にとって、食品衛生協会の事業や機能は真に経営の延長線上にある組織であります。特に圧倒的に多い小・零細企業者にとっては有益な組織である筈です。倫理観を持って会員増強活動に取り組みます。
第二に真の市民権を得る啓蒙活動の推進です。消費者の食品衛生意識の高まる中、当協会の社会的使命や活動を伝える啓発活動を進めます。
第三に世代交代を促し組織の活性化を図ることであります。内外の経営環境の変化の中、協会の担い手の世代交代は必須の課題でもあります。
以上、事業計画の着実な執行はもとより「行動する食品衛生協会を目指す」を旗印に一丸となって会務を推進する所存であります。
関係各位にも、ご理解ご協力をお願い申し上げ、会長就任のご挨拶とさせて頂きます。


町田食品衛生協会
会長 杉浦 信男